【2020年11月 家計簿】20代共働き夫婦の家計簿を大公開

家計簿

1年は早いものでもう12月。

今年もあと1ヶ月で終わりです。

9月からはじめた家計簿管理の記事ですが、少しずつ改良を加えながら記事を作成しています。

11月の家計簿からは夫婦2人分の収入と支出を正確に計算してみました。

じゅんぴ
じゅんぴ

これまではざっくりとした計算しかしてこなかったんですよね…(笑)

10月の20代共働き夫婦の家計簿はこちら↓↓

スポンサーリンク

我が家の家計簿の管理ルール

Money Forward Meで家計簿を自動管理

毎月1日から末日までの収支を計算

貯まったポイントでの支払いは支出に含めない

Money Forward Meで家計簿管理をはじめてからは簡単かつ正確にキャッシュフローを確認することができています!

じゅんぴ嫁
じゅんぴ嫁

都度計算しているとめんどくさくなっちゃうよね。。

11月のトピックス

住宅ローンの支払いがスタートしました。

まだ新居は完成していないのですが、住宅ローンの支払いだけが先行しています。

こうなることは事前にわかっていたけど賃貸の家賃との二重支払いはやっぱり無駄な出費です。

ただ社宅の家賃は格安なのでダメージは少なくて助かっています。。

2020年11月の支出

食費 45,069円

趣味・娯楽 30,080円

交際費 0円

日用品 13,880円

衣類・美容費 4,244円

書籍・教養費 0円

交通費 2,000円

医療費 1,760円

通信費 12,654円

保険 18,339円

水道・光熱費 10,220円

特別な支出 126,738円

住宅ローン 127,427円

投資 107,100円

奨学金返済 26,171円

合計 525,682円 

貯蓄 0円

11月は結婚記念日の月でした。

記念日に外食をしたこともあり、食費は前月よりもアップしています。

食費4.5万円のうち外食費は約1万円に収まったので問題ない範囲です。

11月の大きな支出は、特別な支出の項目でした。

これは主に新居関連費用です。

1つ目は地鎮祭の初穂料。

新居を建てる分譲地の造成が完了したので、地鎮祭を行いました。

地鎮祭の費用として3万円を支払っています。

じゅんぴ
じゅんぴ

地鎮祭って今どきみんなやってるのかな?

セルフ地鎮祭でもよかったかも(笑)

2つ目は新居の施主支給品の購入。

住宅購入の際にインテリア(照明など)やエクステリア(外構用品)など、ハウスメーカーで注文するよりも個人で買う方が安くなるものがあります。

そういった物を少しずつ購入しています。

これも必要経費なので新居完成まで出費がかさむのは仕方がありません。

目標としている投資額10万円/月は無理矢理ですがキープできました。

じゅんぴ
じゅんぴ

足りない分は貯金から少し崩してるけどね(笑)

12月のボーナスで補填します!

以上、今月の出費は合計525,682円となりました。

2020年11月の収入

じゅんぴ給与 266,340円

嫁ちゃん給与 220,221円

その他収入

配当金 2,100円

合計 488,661円

今月は保有株の中間配当が支払われました。

配当額は2,100円と微々たるものですが、これを再投資していくことで将来的には雪だるま式に資産を増やすことができると信じています。

千里の道も一歩から

配当金投資でゆっくりと着実に不労所得を増やしていきたいと思います。

2020年11月の収支

支出 525,682円

収入 488,661円

収支 -37,021円

新居関連の特別な支出が多かったので収支は-37,021円の赤字となってしまいました。

これから少しの間は家具や家電など新居関連の費用が増えるので赤字の月が続く可能性があります。

一時的に支出が増えるのは想定内で、それに向けて少しずつ貯金してきたので問題はないでしょう。

2020年11月の家計簿を振り返って

11月から住宅ローンの支払いが始まったことで固定費の割合が大きく変わりました。

いまは会社の社宅に住んでいるので住居費がほとんどかかっていませんが、これからは住宅費が固定費の大部分を占めることを改めて認識しました。

家計簿で我が家のキャッシュフローを丁寧に確認していくと、高額な支払いなどがない限りローンの支払いがあっても赤字になることはなさそうなので安心しています。

じゅんぴ
じゅんぴ

最悪、新居関連費用が落ち着くまでは投資金額の減額で対応していこうと思います(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます!
クリックいただけると記事作成の励みになります!

コメント

  1. […] 【2020年11月 家計簿】20代共働き夫婦の家計簿を大公開1年は早いものでもう… […]

タイトルとURLをコピーしました