【2021年3月 家計簿】20代共働き夫婦の家計簿内訳を大公開

家計簿

3月は年度末ということで、仕事の方では人事評価や人事異動などあわただしい月となりました。

コロナ禍ということで去年の春~夏にかけてはこれまでとは勝手が違う中での仕事となり、思うようにいかないこともありましたが、幸いまずまずの人事評価をもらい昇給+昇格を勝ち取ることができそうです。

じゅんぴ
じゅんぴ

年収がどれだけアップするのか楽しみなところですね。

また、人事異動もなかったので今年度も同じ部署で研究開発職として1年頑張っていくことになりました。

好きな仕事を続けていけるのは幸せなことで、比較的ストレスフリーに仕事ができているのでありがたいことです。

それでは、3月の20代共働き夫婦の家計簿内訳を紹介していきたいと思います。

2月の20代共働き夫婦の家計簿内訳はこちら↓↓

スポンサーリンク

我が家の家計簿管理のルール

Money Forward Meで家計簿を自動管理

毎月1日から末日までの収支を計算

貯まったポイントでの支払いは支出に含めない

Money Forward Meで家計簿を管理すれば正確に自動でキャッシュフローを確認することが可能です!

嫁ちゃん
嫁ちゃん

その都度メモするのは忘れることもあるし、何よりもめんどくさくなっちゃうよね。。

3月のトピックス

今月のトピックスと言えば間違いなく一番大きな出来事は子供が生まれたこと!

3月に無事第一子が誕生しました。

帝王切開で出産しましたが、妊娠後期からずーっと逆子だったこともあって嫁ちゃんも覚悟はできていたようです。

普通分娩とは違って陣痛はない代わりに、出産後の痛みが心配でしたが思いのほか大丈夫だったようで一安心です。

お金の面では手術費用がかかってしまいますが、加入中の保険で十分賄うことができました。

我が家では年末に保険の見直しを行っていますが、新しく加入した保険では出産までの期間が短いため、帝王切開になる場合は今回のみ保険が適用されないと説明を受けていました。

それまでに加入していた旧保険は帝王切開の手術費用にも適用されるということで、解約するか悩みましたが、念のため残しておいて正解でした。

新しく加入した保険でも次回以降の帝王切開は適用可能とのことですので、今月をもって旧保険の方は解約することとなっています。

(出産一時金+保険)ー(分娩費用+帝王切開手術費+入院費)=+6万円となり、家計からの持ち出しはありませんでした。

2021年3月の20代共働き夫婦の支出

  • 食費 19,737円
  • 趣味・娯楽 8,300円
  • 交際費 440円
  • 日用品 34,515円
  • 衣類・美容費 18,860円
  • 書籍・教養費 0円
  • 交通費 91,560円
  • 医療費 8,580円
  • 通信費 12,646円
  • 保険 22,433円
  • 水道・光熱費 9,944円
  • 特別な支出 6,580円
  • 住宅ローン 129,374円
  • 投資 105,000円
  • 奨学金返済 26,171円
  • 自動車メンテナンス 4,180円

合計 498,320円

日用品の項目のうち、ほとんどが赤ちゃん用品となっています。出産費用は保険もあって出費なく終わることができましたが、子育てにはやっぱりお金がかかりますね。。

2か月ほど前から赤ちゃん用品を少しずつ購入していますが、時間がたつにつれて足りないものが出てくるので出費は増え続けています。特に1人目だと勝手がわからないので何が必要なのか不要なのかその時になってみないとわからないのが難しいところです。

幸いネットショッピングで注文すれば翌日、翌々日には届くので不自由なく子育てすることができています。

楽天市場を頻繁に使っているので、楽天ポイントがざっくざくです(笑)

衣類・美容費にはほとんどお金を使わない我が家ですが、5月に弟の結婚式があるので授乳も簡単にできるドレスを購入しました。

家づくりの際のコンセプトでも同じでしたが、デザイン性よりも機能性にお金をかけるようにしています。

交通費が高額なのは通勤定期代+嫁ちゃん実家への遠征費があったためです。

テレワークを選択することもできるようになってきましたが、技術職ということもあり月のほとんどは出社しています。

じゅんぴ
じゅんぴ

事務職の社員はほとんど出社することもないようなので、うらやましいと思う半面、運動不足にならないのかな?と心配に思うところもあります。

2021年3月の20代共働き夫婦の収入

じゅんぴ給与 350,371円

嫁ちゃん給与 0円

その他収入 19,720円

配当金 3,700円

合計 373,791円

給料に通勤定期代金も含まれているので、普段の収入より多めになっています。

また、保険会社からも19,720円が入金されました。

配当金は6、12月の支払いに偏っているので、3月の振込みは3,700円とわずかですがこれは完全なる不労所得!ゆっくりと着実に不労所得は増やしていきたいですね。

2021年3月までの投資成績はこちら↓↓

2021年3月の20代共働き夫婦の家計簿収支

支出 498,320円

収入 373,791円

収支 -124,529円

2021年3月の家計簿収支は-124,529円となりました。

ここ最近報告している家計簿はマイナス続きですので「めちゃくちゃな生活してるな!」と思う方もいるかもしれませんが(笑)マイホーム+出産が重なることは分かっていたので、必要な費用は事前に貯蓄しておいてあり、いまのところ問題ないかなと思っています。

賃貸+住宅ローンのダブル支払い等も家計にダメージを与えている要因ではありますが、ようやくもうすぐ解放されるのでもう少しの辛抱ですね。

2021年3月の家計簿を振り返って

2021年3月は一大イベントの出産を無事終えて一安心しています。

3月と言えば会社の方も決算や人事異動などあわただしいところではありますが、プライベートもバタバタで大変な月でした。

次の4月には赤ちゃんの1か月検診も終えて一緒に暮らすことになりますし、完成したマイホームの引き渡しもあります。

またバタバタな1か月となりそうですが、楽しみもたくさんです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!
クリックいただけると記事作成の励みになります!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました