研究職を志望する理系学生が選ぶべき研究室とは?

雑記

この記事では製薬企業の研究職を志望する学生が選ぶべき研究室を紹介します!

研究職といっても専門分野は様々で、研究上流の創薬化学や薬理から研究下流の分析化学や製剤学まで多岐にわたります。そして、実は専門分野や所属研究室次第で就活の成功確率が大きく変わってきます。

この記事では、研究職の就職に有利な研究分野・研究室について紹介したいと思います。

本記事は自分自身のこれまでの経験や大学院時代の友人、さらには就職活動で知り合った他大学の友人の話に基づいて作成しています。

結論
  • 分析化学、製剤学、薬物動態学分野はライバルが少なく就活で有利
  • 有機合成、薬理分野は激戦区
  • データサイエンスなどIT部門の需要が増えている

スポンサーリンク

研究職の就職活動に学歴は必要なのか

一定以上の大学の学部・大学院出身であれば、まずは問題はありません。

一定以上とは、国公立大学や私立なら早稲田大、慶應大、東京理科大レベル程度を指しています。

就活では一次審査でエントリーシート(ES)を提出しますが、この一定レベルを超えていれば学歴で落とされることはなさそうです。一次審査通過後の面接で知り合った学生たちが様々な大学出身であったことから、これは間違いないと思っています。

じゅんぴ
じゅんぴ

少なくともES通過後は学歴よりも専門分野や所属研究室、研究での実績の方が就活の結果への影響が大きいかな。

製薬企業の研究職へ就職しやすい研究分野とは

分析化学、製剤学、薬物動態学分野を狙うとライバルが少なく就活の成功確率がアップします。

これらの分野は基本的に母数が少ない研究分野なので、応募する人数が他と比べて圧倒的に少ないためです。(化学や薬理の志望者数と1桁違うことも…。)

さらにこれらの研究室は一部の大学にしかないことも多いので、特定の大学の特定の研究室出身者が多くなる傾向にあります。分析化学、製剤学、薬物動態学などの研究分野に興味がある方は、大学院で積極的に専攻すれば就活を有利に進めることができます。

製薬企業の研究職の就活で激戦の分野

有機合成、薬理は激戦区の研究分野です。

先ほど紹介した分析化学、製剤学、薬物動態学分野とは真逆で薬学部以外にも理学部、工学部、農学部などなど様々な学部学科から応募が殺到するためです。

有機合成、薬理分野では特に所属研究室や研究実績が重要になってきます。これらの分野ではいくつかの有名研究室(いわゆるビッグラボ)が存在し、そこの出身者が就活を有利に進めています。

実際に、ある会社ではいくつかのビックラボ出身者のみで選考を行っており、他の研究室出身者は選考さえも受けられないといった状況も・・・。

近年需要が高まってきている研究分野

データサイエンスなどのITを駆使する分野の需要が高まってきています。

最近ではAIやビックデータの解析を創薬に取り入れるという流れが強まってきているので、製薬企業各社ではこれらの技術を取り扱うことができる研究者の採用を急いでいます。

実際の実験よりもデータ解析が得意な方は、IT分野から製薬企業への就職に挑戦することをおすすめします。特に海外ではデータサイエンティストは非常に重宝されてきています。

例えば、海外のビッグファーマでは創薬化学者が低分子化合物をデザインする際にAIによるチェックが必須になっています。そして、AIが医薬品になる可能性が低いと判断すると合成することさえ許されないこともあるようです。

ITの重要性は今後も高まっていくはずですので、データサイエンティストの採用も増えていくでしょう。最近では製薬企業から他業種のIT系企業に転職するデータサイエンティストも増えてきている印象です。

最後に:大学院での就職に強い研究室の選びかたを教えます

就職活動に強い研究室を見極める方法は簡単です。

その方法は…

希望の研究室のHPをチェックするだけ!

多くの研究室ではHP上で卒業生の就職先を掲示しています。気になる研究室のHPをチェックして、就職を希望する企業が卒業生の就職先にあるのかを確認してみましょう。

じゅんぴ
じゅんぴ

もちろん「研究職」として就職していることを確認してください!

もし希望の企業に卒業生が入社していればその研究室を選ぶべき!さらに、過去数年間で複数の卒業生がその会社に就職していれば、就職できる可能性はぐっと高まります!

研究室の教授と企業の部課長の繋がりだとか、採用担当がその大学出身だとか…

卒業生が入社していると企業側も採用しやすいという事情があるとかないとか…

そういった繋がりも強い業界なんです。。

まとめ

製薬企業研究職として就職しやすい研究分野、研究室を紹介しました。

  • 分析化学、製剤学、薬物動態学分野はライバルが少なく就活で有利
  • 有機合成、薬理分野は激戦区
  • データサイエンスなどIT部門の需要が増えている

どの分野を希望するにしても、まずは所属する先の研究室のHPをチェックしてみましょう。

研究室の卒業生に希望の会社へ就職している先輩がいれば、就職できる可能性は高いことは間違いありません。

僕は激戦区の有機合成分野を専攻していて、就職活動に強い研究室ではありませんでした。就活の前からこのことを知っていれば!と何度思ったことか(笑)

タイミングや企業の事情など、例外があることは間違いありませんが、これらのことを知っていれば有利に就活を進めることは間違いないでしょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!
クリックいただけると記事作成の励みになります!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました