セキスイハイム提携クリナップ製のステンレスキッチンの標準装備品と見積り

スポンサーリンク
家づくり

クリナップといえばステンレスキッチンというイメージですが、嫁さん的には少しデザインが好みに合うのか不安な様子でした。

我が家のインテリアデザインの方針は「アイアンウッド」ですので、ステンレスのスタイリッシュな雰囲気は合わないんじゃないかと心配しています。

クリナップのキッチンの実物を見て判断するためにショールームを見学して見積もりを作成してもらったので紹介したいと思います。

じゅんぴ
じゅんぴ

結論から言うと、我が家ではクリナップのキッチンを採用しませんでした

クリナップを気に入らなかった理由が多めになっていますのでご了承ください(笑)

セキスイハイムでクリナップを検討中の方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

セキスイハイム提携のクリナップ標準品は「rakuera(ラクエラ)」

クリナップ製キッチンの標準品は木製の「rakuera(ラクエラ)」でした。

クリナップならば有名な引き出しの内側まで全面ステンレス品がセキスイハイム標準品と思っていましたが、残念ながら全面ステンレスの商品はランクアップが必要とのことした。

標準品のラクエラではクリナップの魅力であるステンレス製ではなくなってしまうので、ランクアップしてSTEDIA(ステディア)で見積りをお願いしました。

じゅんぴ嫁
じゅんぴ嫁

クリナップの魅力が少し下がっちゃったな~。

クリナップ製キッチンのメリット

メンテナンスが楽

クリナップのステンレスキッチンは傷がつきにくく、傷ついたとしても多少は自動で修復する仕様になっています。

他社のステンレスは傷つきにくい加工が吹き付けられているだけなので塗装が落ちやすいそうですが、クリナップ製キッチンはステンレスを焼き付けているから落ちにくい塗装が落ちにくいようです。

自動洗浄機能付きキッチンフード

キッチンフード内を自動で洗浄する機能をつけることができます。

この仕様はオプションなので、標準品との差額は6万円程度となります。

自動洗浄機能をつけると定期的にメンテナンスが必要で、約10年に1回3~4万円のメンテナンスをする必要があります。

クリナップのショールームでは基本となるキッチンの値段が記載されていて、オプション分だけ費用が上がっていくため予算の比較はしやすかったです。

クリナップ製キッチンのデメリット

セキスイハイム提携の標準品のランクが低い

ステンレスキッチンが標準品でなかったことが残念でした。

じゅんぴ
じゅんぴ

クリナップと言えばステンレス!

ショールームでがっかりしちゃう人も多いんじゃないでしょうか。

食洗機は45センチ浅型のみ対応可能で、他のサイズは工場外生産になるので費用上がってしまいます。

クリナップとセキスイハイムは提携しているので、クリナップ製キッチンをセキスイハイム工場で取り付けることができ、これによって費用を抑えています。

標準品以外を選択し、工場外生産になってしまうとセキスイハイムとクリナップの提携のメリットを受けることができなくなってしまうのでもったいないですね。

セキスイハイム提携の標準品の選択肢が少ない

壁紙や人工大理石の種類など、標準では選べるものが少なくオプションが多くなってしまいます。

結果として予算が上がってしまうことになりますね。

クリナップ製キッチンの見積額

本体(STEDIA) 89万円

食洗器(45cm深型) 7万円

IH加熱器(W600) 17万円

食器棚 12万円

カップボード 32万円

合計 157万円

契約当初の見積もりに含まれているセキスイハイム製の場合、キッチン総額で約100万円でしたのでクリナップ製にすると約60万円の増加となりました。

ちなみに、今回選択したSTEDIAではキッチン収納の内側や扉は木製となっています。

全面ステンレス製のキッチンの場合はさらに+20~30万円の増額となるということでした。

クリナップ製キッチンのまとめ

クリナップを採用した場合のイメージ図を作成してもらいました

クリナップ強みの全面ステンレスキッチンは標準装備ではありませんでした。

ステンレス製システムキッチンのSTEDIA(ステディア)はオプション品で、全面ステンレスにするとさらに30万円ほど増額してしまいます。

心配していたデザインはステンレスを全面に押し出すような雰囲気ではなく、落ち着いた雰囲気も商品も多かったので気に入る方も多いかもしれません。

イメージほど光り輝いているわけではなく、若干くすんだ加工がされていました。

費用面ではセキスイハイム製のものよりも50万円ほど増額しました。

クリナップ標準品のrakuera悪い点は見当たりませんでしたが、特筆して良い点があるわけでもないといった印象でした!

クリナップを選ぶのであれば、全面ステンレス製にランクアップしたいところです!

人気ブログランキングに参加しています。

参考になった!という方は、下のボタンをぽちっと押してください。

記事作成の励みになります!!

タイトルとURLをコピーしました