セキスイハイム注文住宅の間取りに要望を追加【1階編】

家づくり

契約時にハイム設計士から提案してもらった間取りをもとにして、1階の洗濯動線を中心に間取りの改善に取り組んでいます。

1階の真ん中にあった書斎を2階に移動することで各部屋を大きくすることができました。

一方で問題点も出てきました。

それは…

  • ユニットの柱がランドリールームの真ん中に
  • WICとランドリールームが狭い

間取りを作るのはなかなか難しく、しっくりくる図面はできていません。

でも、何度も間取りについて考えていると徐々に自分たちの理想の家がイメージできてきます。

これまでの間取り作成で分かったことをもとに、1階の間取りを0から作り直すことにしました。

じゅんぴ
じゅんぴ

ハイム営業!

前回までの打ち合わせの内容をもとにもう一度我が家の間取りの要望を作り直しました。

この要望で設計士さんにもう一度間取りを作ってもらっても良いですか??

ハイム営業
ハイム営業

わかりました!

次回の打ち合わせまでに新しい間取りを作り直しておきますね!

今回は新しく作り直したこだわりの間取りを公開したいと思います。

スポンサーリンク

新しい間取りのこだわり

  • 大容量を収納可能な家族玄関
  • リビングに吹き抜け
  • キッチンからリビングを見渡せる
  • 大きなウォークインクローゼット
  • 空いた場合にじゅんぴの書斎

この要望をもとに出来上がった間取りを見てください!

作り直してもらった1階の間取り

これまでの間取りがこちら

じゅんぴ嫁
じゅんぴ嫁

前回の間取りと全然ちがうね!

キッチンから和室が見えるようになってる!

ハイム営業
ハイム営業

和室で子供を寝かせておけば、お料理中も様子がわかるので安心です。

キッチン奥にはスペースができたので、パントリーを作っておきました!

じゅんぴ
じゅんぴ

キッチンのところに柱のマークがあるけど、やっぱり柱はなくさないといけないか…

費用は+50万円ですよね…。

ハイム営業
ハイム営業

そうですね。すいません。

いろんな間取りを考えてみましたが、今のところはこれが限界でした。

これまでの間取りからの変更点

  • WICが2階へ
  • 1階の各所に収納
  • リビングと和室がキッチンから見える
  • 北側にリビング吹き抜け

玄関に大きめの収納を取っていることもあり、1階に希望の大きさのWICを作るスペースが残りませんでした。

ハイム営業
ハイム営業

大きなWICを作ることは絶対に無理ではありませんが、その分リビングなどを狭くする必要があります。

それならば、いっそのことWICも2階に移動させてしまうことにしました。

ハイム営業
ハイム営業

WICをなくした分、小さめですが1階の各所に収納場所を作っておきました!

これだけ収納があれば荷物の片付けには困らなそうです。

じゅんぴ嫁
じゅんぴ嫁

キッチン横のパントリーは憧れ〜!

嬉しいです!!

また「キッチンから和室が見えるように」という要望に答えてもらい、キッチンの前には和室ができました。

この和室は子供が小さいときに寝かせておいたり、遊ばせておくのに便利そうです。

洗濯用のランドリールームとしての用途も予定しています。

各部屋の都合から吹き抜けの位置が変更になっています。

前回の間取りでは、ちょうど和室の上あたりの南側に吹き抜けがありましたが、北側に変更となっています。

採光について計算してもらったところ、北側に吹き抜けを作っても十分明るくなることが想定できるようです。

新しい間取りで良かった点

  • リビングが広く感じられる
  • パントリーの使い勝手が良さそう

前回の間取りと比べると、リビングの中に和室があるので1階の空間がとても広く感じられそうです。また、和室に仕切りをつければ洗濯物を干していても、散らかっていても来客時にドアを閉めれば中を見えなくすることも可能です。

収納に関しては、キッチン奥のパントリーは重宝しそうですね。

スペースは1畳以上ありそうで、日常の食品類はもちろん非常食なども常備しておくことができそうな広さです。

新しい間取りで気になった点

  • ユニットの柱を取る必要がある
  • 吹き抜けが途中で途切れている
  • 和室がキッチンの一部からしか見えない

キッチンの真ん中にできてしまうユニットの柱は取り除く必要があります。

前回の打ち合わせで見積りをもらったとおり、約50万円の追加費用が必要になってしまいます。

もったいないので、可能ならば間取りを変えてユニット柱を壁の中に埋め込みたいと考えています。

吹き抜けが1階のリビングの端まで伸びておらず、中途半端なところで止まっています。

2階のこの位置にはじゅんぴの個室があるので、ここで吹き抜けが止まってしまいました。

できれば書斎の位置を移動したいところですね。

リビングの中に和室があり、そこに子供をおいて家事ができるのはとても便利ですが、今の間取りではキッチンの一部からは和室が死角になってしまいます。

こだわりの間取り1階のまとめ

たくさんの荷物を収納できる家族玄関

大きなリビングに吹き抜け

リビングを見渡せるキッチン

大きなウォークインクローゼット←2階へ

じゅんぴの書斎←2階へ

ここまでが新しく作ってもらった1階の間取りの紹介でした。

僕が気に入っているのはリビングの中に和室があること!

ソファーも設置する予定ですが、ここの和室を小上がりにして寝転がりたいなぁなんて考えています(笑)

契約時に作成してもらっている間取りよりも、実際の生活をイメージした間取りになってきていますね。

次は セキスイハイム注文住宅の間取りに要望を追加【2階編】です。

人気ブログランキングに参加しています。

参考になった!という方は、下のボタンをぽちっと押してください。

記事作成の励みになります!!

コメント

  1. […] セキスイハイム注文住宅の間取りに要望を追加【1階編】契約時にハイム設… […]

タイトルとURLをコピーしました